ニュース

Wikipediaの寄付のお願いがしつこい!非表示にする方法は?

わからないことや初めて聞いた言葉や人を調べる時、私たちがよく使うのがWikipedia。
オンライン百科事典「Wikipedia」はもはや私たちの生活に欠かせない存在ですよね。
Wikipediaの運営は広告ではなく、寄付でまかなわれています。

でもWikipediaの「寄付のお願い」ってしつこい…。バナーを非表示にする方法は?

この記事ではWikipediaの「寄付のお願い」のバナーを非表示にする方法を調べました!

Wikipediaの「寄付のお願い」を非表示にする方法

Wikipediaの「寄付のお願い」がしつこい!

インターネットユーザーからは、Wikipediaの「寄付のお願い」について、「しつこい」「圧が強い」といった批判の声があがっています。


出典:livedoor NEWS 2020年9月4日付
https://news.livedoor.com/article/detail/18845626/

スクリーンショット2枚分も!長すぎるししつこいですね……

方法1:閉じるボタンを押す

Wikipediaからの「寄付のお願い」を非表示にするには、バナー下部の閉じるボタンをクリックする方法があります。

ただし、この方法では一時的にしか消すことができないため、別のページを開くとまた「寄付のお願い」が表示されてしまいます。

方法2:Wikipediaのアカウントを作成する

Wikipediaからの「寄付のお願い」は、アカウントを作成すると二度と表示されなくなります。
アカウントはWikipediaの画面右上から、1分程度の登録で簡単に作ることができます。

アカウント作成前

画面上部に「寄付のお願い」のバナーが大きく表示されています。

アカウント作成後

ログインすると「寄付のお願い」のバナーが表示されなくなりました。

Wikipediaのアカウント作成は無料で、本名でなくても問題ないです。
アカウントを作ると、自分が編集した記事のリストを作ることができたり、特定の記事の更新状況を知らせてくれる「ウォッチリスト」という機能が使えるなど、何かと便利です。

「寄付のお願い」がしつこくて困っている方は、これを機にアカウントを作るのもありですね!

ただし注意点も…

注意点1:一度作成したアカウントは削除できない

Wikipediaは運営上、投稿者の履歴を保持する必要があるそうです。
アカウントを削除してしまうと、投稿履歴の情報がなくなってしまうため、アカウントは一度作ると削除できないようです。

注意点2:以前アカウントを作成していても、一つにまとめることができない

これも同じ理由で、複数のアカウントを一つにまとめることはできないようです。
記事の更新を頻繁にしたり、履歴を残しておきたい人にとっては注意しておかなくてはいけないことですね。

「寄付のお願い」を非表示にしたいだけの人にとってはあまり関係ないかもしれません。アカウントを作ってしまうのが楽かもしれないですね!

さいごに

Wikipediaの「寄付のお願い」のバナーを非表示にする方法をまとめました。
日ごろよく使うWikipediaですが、運営費を広告に頼っていないため、このように寄付を必要としているようです。

感謝と応援の気持ちをこめて、寄付してみてもよいかもしれないですね!