その他

Googleアドセンスの審査が遅いときにすべきことは?8日目で一発合格!

せっかくGoogleアドセンスの審査に出したのに、1週間以上経ってもなかなか結果の連絡がないと不安になりますよね。

実は、この記事で紹介することを実践すると、Googleアドセンスの審査結果が来ることがあるのです。

私自身、Wordpressでブログを開設し、Googleアドセンスの審査に出していました。

審査期間が1日で終わる人も多い中、私の場合は1週間経っても連絡がありませんでした。

そこで、これから紹介する方法を行ったところ、8日目で一発合格することができました!

この記事では、Googleアドセンスの審査が遅かった理由や、審査結果が遅い場合に私がしたことについて紹介します。

記事を読み終えると、Googleアドセンスの審査の遅さに悩まされず、今行動すべきことがわかるはずです。

審査が遅かった理由

 

私はブログ開設12日目、審査期間8日間で一発合格しました。

記事数は1000~1500字程度、審査開始時は5記事、終了時は9記事でした。

開設してから5日目だったり、記事数が少なくても、1日で合格している人がいる中、私は1週間以上経っても連絡がなかったので、かなり心配になりました。

「審査コードがうまく貼れてない?」
「知らないうちに禁止事項に触れている?」
「記事数が足りてない?」

など、いろいろと考えてしまいますよね。

合格した今、振り返って思うのは、

「開設して日が浅かったため、googleのクローラーに気づいてもらえなかったからではないか?」

ということです。

開設してまもなくでも、1日で合格している人はいますし、このあたりは運なのかもしれないですね。

審査結果が遅いときにしたことは?

私は審査7日目にGoogleアドセンスの「フィードバック」から、以下の通りメッセージを送りました。

Google Adsense ご担当者様

先日○月○日(○)にGoogle Adsenseの審査に出させていただきました、(名前)と申します。
この度は大変お世話になっております。
審査について通常3日間とお伺いしておりますが、本日7日目の時点で結果のご連絡をいただいておりません。
当方のサイトに何か不備・不具合などがありますでしょうか。
URL:~~~~
お忙しい所大変恐れ入りますが、宜しくお願い申し上げます。
(名前)

このメールの翌日、Googleアドセンスから合格の連絡を受け取ることができました!

後日改めて調べたところ、AdSense審査状況確認フォームというものがあったのですね。
こちらは現在使われていないという情報もあり、真偽は微妙なのですが、少なくとも「フィードバック」への送信はどうやら有効のようです。

ただ、「フィードバック」は本来問い合わせのために作られたものではないようなので、最終手段とするのがよいかもしれません(Googleさんごめんなさい…)。

まとめ

以上、Googleアドセンスの審査が遅いときに私がしたことを紹介させていただきました。

皆さんの合格を心から祈っています!