三浦春馬

三浦春馬はなぜ亡くなった?著書『日本製』から読み取る前兆と真相

2020年7月18日、俳優の三浦春馬さんが都内マンションで亡くなりました。
突然の知らせに、ファンだけでなく芸能界も大きなショックを受けています。

これからのさらなる活躍が期待されていた三浦春馬さんはなぜ亡くなったのでしょうか?
母親との金銭トラブルなど、さまざまな報道・憶測が飛び交っていますが、真相は明らかではありません。

そんな三浦春馬さんは亡くなる3ヶ月前に、著書『日本製』を出版しました。
『日本製』の巻末のロングインタビューで、三浦春馬さんは俳優として気負っていた時期があったことや自分への自身のなさなどを告白しています。

著書『日本製』で、三浦春馬さんは何を語ったのでしょうか?
三浦春馬さん自身の言葉から、亡くなる予兆は読み取れたのでしょうか。
三浦春馬さんが亡くなった原因を、著書『日本製』から徹底解剖しました。

三浦春馬の著書『日本製』とは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

『日本製 』 [ 三浦 春馬 ]
価格:2640円(税込、送料無料) (2020/8/22時点)

 

三浦春馬さんの著書『日本製』は、月刊誌『プラスアクト』での人気連載を1冊にまとめた本です。

連載は「各地のメイドインジャパンを巡る」というコンセプトで、三浦春馬さん自身が4年間かけて47都道府県を訪れ、文化や伝統工芸・歴史・産業などについて学ぶという企画でした。
『日本製』には、三浦春馬さんが各地の職人さんと笑顔で語る様子や、熱心に工芸づくりに取り組む様子が写真付きで収められています。
そして巻末のロングインタビューでは、俳優として気負っていた時期があったことや自分への自身のなさなど、三浦春馬さん自身の内面を告白しています。

『日本製』は、三浦春馬さんが亡くなった以降は値段が高騰し、なかなか手に入りにくくなっており、貴重な一冊となっています。

三浦春馬が亡くなった原因は?著書『日本製』を徹底解剖

著書『日本製』で、三浦春馬さんは何を語ったのでしょうか?
三浦春馬さん自身の言葉から、亡くなった原因を徹底解剖しました。

原因1:感情の矛先を自分自身に向けている

三浦春馬さんが自分について語るとき、自分を否定する記述が見られました。
たとえば、次のような記述です。

相変わらずまだ先入観にとらわれていたなと反省したのが……」(青森県)
「お話を伺って、勝手な先入観があったことに気付かされました」(宮城県)
出典:三浦春馬『日本製』

インタビューを読むと、各地の職人さんとのやりとりはとても和やかです。
同じ日本のことなのに知らなかったと学ぶ三浦春馬さんの様子が、読む側にも伝わってきます。
しかし、自分の想像していなかったような逆境や苦労があった人に接したとき、三浦春馬さんは単純に「勉強になりました」と言うのではなく、このように自らを省みる記述が見られます。
そこで自分を責める必要はないのに、です。

人は自分が傷つきたくないとき、誰かに否定される前に自分を否定する行動を取ります。
「わたし、可愛くないから」と自分から言ってしまう女の子の心の動きも、同じようなものと言えます。
三浦春馬さんの場合、自分の想像力が足りなかったばかりに、無神経なふるまいをしてしまったのではないかということをとても気にするように読み取れました。
こうしたときに、感情の矛先が自分自身に向いてしまうのは、とてもつらいことだったと思います。

原因2:他人の期待に応えすぎている

『日本製』を通じて伝わってくるのは、三浦春馬さんの誰からも愛される人柄です。
インタビューの書き手の方も、三浦春馬さんをこうした人柄に見えるように書いていますと思います。

・無邪気
・好奇心旺盛
・人なつっこい
・子どもっぽい
・元気で明るい
・誰からも愛される

三浦春馬さんは各地の職人さんや農家さんから、すすめられるままに私物の器を選んだり、農作物を持って帰ったり……。
相手の方も喜んでいる様子が描かれています。

しかし、このような人は本当にいるのでしょうか?
いつでもどこでも、誰からも愛される人なんていません。
誰からも愛される人柄というのは、あくまでも他人から三浦春馬さんへの期待にすぎないのです。
そう考えると、『日本製』での三浦春馬さんの振る舞いは、周囲の期待に応えるための過剰なサービスにも見えます。
周りに合わせることも必要ですが、期待に応えてばかりいると、自分を苦しめてしまいますよね。
三浦春馬さんも周囲へのサービスから、自分を苦しめていたのでしょうか。

原因3:なりたい自分と弱い自分の板挟み

『日本製』の巻末インタビューで、三浦春馬さんは俳優の仕事について、次のように答えています。

俳優って“人が優れる”とも書くというところから、優れた人がなるように言われることが多いと思います。(中略)これは僕の勝手な持論ですが、人の非なる部分をちゃんと知り得ているから、人として優しかったり、優れていると言えるのかなと思うところがあって。
(中略)僕は自分がした経験……喜ばしいことだけじゃなく、つらかったことや苦しかったことも俳優の仕事として昇華させていくしかない、しっかり向き合って表現していくことしかできないと思っています。

 

俳優をやっている時に僕の根底にあるのは、認められたいとか、この人に喜んでほしいとか、自分が携わったことでその作品が評価されたいといったことで。

こうしたインタビューで三浦春馬さんが答えているのは、「なりたい自分」であるように思われます。
自分の経験を俳優の仕事に昇華できる自分でありたい、自分自身を認められたいといったことです。

しかし、こうした「なりたい自分」は現実的にありえるのでしょうか?
人間は乗り越えられないつらい経験をすることもあります。ふてくされることもあります。
誰からも認められないことも、愛されないこともあります。それがありのままの人間です。
『日本製』のインタビューで語られているのはあくまでも三浦春馬さんの「なりたい自分」であり、本当の自分ではありません。

三浦春馬さんの訃報を受けて「いつも前向きな人だった」と語る芸能人は多いですが、三浦春馬さんの語る自分はいつも「なりたい自分」であり、「弱いありのままの自分」ではなかったと考えると、亡くなった理由も説明がつきます。
三浦春馬さんに、今のありのままの弱い自分を語れる場所はあったのでしょうか。
三浦春馬さんが亡くなった今、確かめる方法はありませんが、そうしたことに思いをはせずにはいられません。

三浦春馬さんの遺書には、精神的に追い詰められていた記述があり、「僕の人間性を全否定するような出来事があり、たちまち鬱状態に陥り、自暴自棄になった」などと書かれていたといいます。
ファンも芸能界の友人も、三浦春馬さんのことを何もわかっていなかったということに対し、寂しさと悲しさを隠せません。

さいごに

いかがだったでしょうか。
三浦春馬さんが亡くなった原因について、著書『日本製』から前兆と真相を徹底解剖しました。
ファンが三浦春馬さんを失った悲しさ、寂しさから癒える日はまだ遠いでしょう。
故人のご冥福を心よりお祈りいたします。

三浦春馬の複雑な家庭環境・熱愛報道を年表整理!亡くなった原因は?2020年7月に三浦春馬さんが自宅マンションで亡くなりました。 大人気俳優の突然の報道に、ファンたちや芸能界で悲しみが広がっています。...