ニュース

猪苗代湖のボート運転手の名前・顔写真を特定!遊泳客に批判の声も

2020年9月6日、福島県猪苗代湖でボートに8歳男児を含む遊泳客4人が巻き込まれる痛ましい出来事がありました。
遊泳客の男児1人は「ボートはスピードが結構出ていた」と語っており、さぞ怖かっただろうと想像できます。

このボートを運転していたのは誰なのでしょうか?

出来事のいきさつとともに調べました。

福島県猪苗代湖で痛ましい出来事

猪苗代湖でボートに巻き込まれたのは誰?名前・顔写真は?

6日午前11時ごろ、福島県会津若松市の猪苗代湖の中田浜沖で、航行中のボートが遊泳客4人を巻き込む痛ましい出来事がありました。

千葉県野田市の小学3年、豊田瑛大(えいた)君(8)が亡くなり、瑛大君の母、舞子さん(35)と、栃木県栃木市の小学生中沢翔愛(とあ)君(8)も足を巻き込まれました。小学5年の瑛大君の兄(10)も軽症です。
顔写真はまだ明らかになっていません。

楽しいはずの湖水浴で悲しい出来事が起きてしまいました。

猪苗代湖の遊泳場所はどこ?

今回の出来事があったのは、猪苗代湖西岸から200~300mほどの沖合でした。
豊田瑛大君たち4人はライフジャケットを着用して泳いでいました。
そこで近くを通り過ぎたモーターボートと接触し、スクリューに巻き込まれた可能性が高いです。

瑛大君の兄は、「ボートは結構スピードが出ていた。僕はちょっと離れていたから大丈夫だったけど、ボートが通り過ぎたら弟がいなくなっていた」と語ります。

怖かったでしょうね……。一日も早く元の生活に戻れることを祈ります。

猪苗代湖のボート運転手は誰?

猪苗代湖のボート運転手の名前・顔写真は?

豊田瑛大君たち4人を巻き込んだボートは、長さ12mの12人乗りに10人が乗っていたようです。
ボートを操縦していた運転手の名前や顔写真などは明らかになっていません。

なぜ遊泳客に気づけなかったのでしょうか?経緯はこれから明らかになりそうです。

2020年は猪苗代湖は遊泳禁止

遊泳客4人がボートに巻き込まれた出来事ですが、そもそも2020年は猪苗代湖での遊泳はできません。
ホームページでも、湖水浴場は設置しないと書かれています。

出典:会津若松観光ナビ
https://www.aizukanko.com/event/166

理由は新型コロナウイルスの感染拡大防止とのことです。
現場近くでバーベキューをしていた男性は「例年なら遊泳区域が分かるよう沖にブイが浮かべてあるが、今年はブイがなかった」と話しています。

2020年は湖水浴場がないことを知らずに来てしまったのかもしれませんね。

悪いのはボートの運転手?遊泳客の自己責任?

ボートが遊泳客4人を巻き込んでしまった痛ましい出来事ですが、「本来は遊泳禁止の場所で泳いでいた客の自己責任」という見方もあります。

インターネットでは賛否両論の声があがっています。

一概にボートの運転手が悪いとは言い切れなさそうです。冷静な行動が必要ですね。

さいごに

猪苗代湖で起きた悲しい出来事のいきさつについて調べました。

それにしてもなぜパトロールの人はいなかったのでしょうか?
昨年まで湖水浴ができていたなら、間違って来てしまう客もいそうなのですが…。

同じ出来事が繰り返されないことを願います。

福島・会津若松郵便局員がコロナ感染!感染経路や担当業務は?2020年8月28日、福島県の会津若松郵便局の職員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表されました。 政府によってGo Toキャ...
福島大学の男子学生が合唱サークルでコロナ感染!サークル名は○○!2020年8月19日、郡山市で行われた合唱サークルに参加した福島大学の男子学生が新型コロナウイルスに感染したと報じられました。 一緒に...