ライフスタイル

20代で保険に入るべき3つの理由

社会人になって仕事にも慣れ始めた20代。

「将来を考えてそろそろ保険に入ろうかな…」

「でも結婚してないし、お金もないし、まだ先でいいかも?」

と迷っている方もいるのではないでしょうか?

はっきり言って、保険は20代で入るのが断然お得です!

この記事では、20代で保険に入るべき3つの理由を紹介します。

 

理由1:保険料が安い

私自身は20代OLで、結婚を機に「ほけんの窓口」に相談に行きました。

そこで実際の保険料の見積もりを行うことができるのですが、

痛感したのは「20代の保険料は本当に安い」ということです。

掛け捨ての保険でも、入ってから払込期間が終わるまでのトータル金額はほぼ同じです。

つまり、20代から払い始めれば、30代から払い始めるより、

月々の保険料は少なくなります。

年齢が上がると病気のリスクが高まる上に、

既往歴がある方は追加の保険料が必要となったり、

保証の内容に制限が出る場合があります。

医療保険や就業不能保険など、結婚している・いないにかかわらず、

自分のために必要になる保険は、20代で入っておくことをおすすめします。

理由2:将来設計ができる

保険の種類は実に多種多様。どの保険が必要になるかは、人それぞれ。

「ほけんの窓口」では、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持つ担当スタッフの方に、

私たちの年齢・職業・家庭状況などに合わせ、

本当に必要な保険が何か、無料でシミュレーションしてもらいました。

保険に入る・入らないにかかわらず、

個人的にはぜひ一度、相談に行くべきだと思っています。

なぜなら、具体的な将来設計ができるから!

結婚して子どもが生まれると

大学卒業までにどのくらいの金額がかかるか、

病気をした場合・仕事に就けなくなった場合にどう備えるか、

貯金をどのようにしていくかなど、

この先の人生で起きることに備えて今何をすべきかを具体化できます。

(ちなみに貯蓄も保険を使ってできます。詳細は別記事)

特に20代女性は一度相談に行くことを本気でおすすめします!

「今は結婚や子どもなんて興味ない」と考えている人も、

将来のお金のプランを具体的に想像すると、

今何をすべきか見えてくるはずです。

人生は戦略です。

本当に欲しいものが、欲しい時にはもう手に入らなくなっていた…

ということがないよう、先々を見越して、今手を打っておきましょう。

理由3:貯蓄型保険がお得

先ほど少し触れましたが、保険を使って貯蓄することもできます。

貯蓄型の保険では、解約したときに戻ってくるお金(解約返戻金)が支払った保険料よりも少し増えて戻ってきます。

どうせ入るなら、支払った金額よりもより増えて戻ってきてほしいですよね。

20代で入ると同じ保険料でも戻ってくるお金が多い、つまり解約返戻率が高いのです。

どのような人生を歩むにしても、貯蓄は必ず必要になります。

今の状況にかかわらず、貯蓄型保険は一度検討する価値があると思います。

まとめ

私が「ほけんの窓口」で実際に保険に入った体験談は別記事でも紹介しています。

具体的な保険料も公開していますので、ぜひご参照ください^^

【体験談】20代女子の失敗しない保険選び!「ほけんの窓口」に行ってみた 社会人になって数年経つと、仕事にも慣れてくる頃ですよね。 私も20代後半になり、 仕事も安定してきたので保険に入ろう...