働き方

【体験談】職住近接って実際どう?メリット・デメリットを紹介!

職場の近くに住居を構える「職住近接」は、最近注目されていますよね。

「毎朝満員電車に乗るのは憂鬱だなあ…」
「朝、少しでいいからのんびりしたい!」

そうしたことを考える人も多いのではないでしょうか?

実際、私は社会人になってから2回、職場の近くに住む機会があり、

現在も職場から徒歩圏内に住んでいます。

この記事では、20代会社員の私が、実際に職住近接を体験したメリット・デメリットを紹介します!

 

徒歩3分の物件に住んでみた

新卒1年目は営業所から徒歩3分の物件に住んでいました。

立地:神奈川県のターミナル駅付近
家賃:75,000円
間取:ワンルーム(10畳・バストイレ別・独立洗面台・浴室乾燥機)

メリット:①職場から近い!

 

夜が遅いときや朝が早いときは、自宅が近いと本当に助かりました。

疲れている上に満員電車に乗ると思うと、それだけで気が滅入りますよね。

毎日働いていると、疲れも溜まっていきます。

自宅が近いと体力が温存できるので、新卒で働き始めたときはこれで良かったと思っています。

メリット:②荷物が軽くて済む

 

これは女性ならではかもしれません。

普段出かけるときは、カバンの中に化粧品やモバイルバッテリーなどを入れていることが多いのですが、

自宅が近いと忘れても取りに帰ることができるので、荷物が軽くて済みます。

スマホとお財布だけあれば、一日を乗り切れてしまうこともありました。

こういう点も体力温存につながったと思います。

デメリット:ON・OFFの切り替えが微妙…

 

仕事とプライベートの切り替えについては、正直なところかなり微妙でした。

生活圏が営業所の人やお客様と重なるので、休日スーパーや駅で顔を合わせたり、

緊急時には出勤しなくてはいけないことも。

自宅周りの風景も、職場の周りの風景とさほど変わらないので、

気持ちの切り替えもしづらかったです。

徒歩30分の物件に住んでみた

徒歩3分の物件は、部署が異動になったことをきっかけに引き払い、

今度は結婚を機に、職場から徒歩30分の物件に住むことにしました。

立地:東京都内(23区外)
家賃:140,000円
間取:3LDK

メリット:ほどよい距離感!

 

朝早くても疲れていても、徒歩で通えるのはやはりメリットでした。

職場は駅の周辺の繁華街ですが、自宅の周りは住宅街なので、風景も変わり、気分転換になります。

職場の人と生活圏が重ならないので、休日顔を合わせることはほとんどありません。

遠くないけど近すぎない、ほどよい距離感で暮らすことができています。

デメリット:雨の日は面倒…

 

特に梅雨の時期は雨が続くので憂鬱です。

私の自宅はバスの便がそこまで良いわけではないので、歩く距離も長くなってしまいます。

都内だと家賃も高くなるので、バスの便を諦めて、家賃と間取の広さを取りました。

大都市近辺に勤めている人は、家賃との折り合いも重要になってくるかもしれません。

結論

どこに住むかの価値観は人それぞれですが、

個人的には近すぎず、遠すぎず、ちょっと歩くくらいがちょうど良いと思います。

特に大都市近辺の場合は、少し離れるだけで家賃が下がったり、間取りなどの条件が良くなることもあります。

働き方との折り合いをつけながら、自分にとってベストな距離感を見つけられると良いですね♪