ライフスタイル

保険に入る前に!貯金体質になる3つの習慣

先の記事で保険を使った貯蓄方法を紹介しましたが、

「そもそも貯金がないんだよー!」という人も多いのではないでしょうか。

保険料は月1000円台から、高いものでは数万円かかるものもあり、

「保険に入ったら自由に使えるお金が少なくなってしまうのでは…」

と思ってしまいますよね。

「できれば貯金はしておきたい!」と思っている方のために、

この記事ではたった3つの習慣で、貯金体質になれる方法を紹介します。

 

貯金に無理はいらない

私は20代OLですが、貯金はだいたい7万円/月くらいしています。(貯蓄型保険の保険料含む)

家賃・光熱費・掛け捨ての保険料を引いた残りが15万円/月なので、

半分より少ないくらいですね。

これ、他の方に言うと「えー!節約してるの?」と聞かれることが多いです。

たしかに既婚で夫と2人暮らしなので、光熱費は多少抑えられています。

ですが共働きで食事は各自で作るので、食費が浮いたと思うことはありません。

ランチは会社の先輩と外食しますし、化粧品や洋服も特に我慢せず買っています。

浪費はしませんが、これといった節約もしていないというのが正直なところです。

「それでどうして月7万円も貯金できるの!?」と驚かれることも多いので、

改めて考えてみると、意識して行っている3つの習慣があることに気付きました。

貯金体質になる3つの習慣

私が意識しているのは次の3つです。

①貯金を「先取り」する
②ご褒美はワンコイン
③現実を見て必要なものだけを買う

①貯金を「先取り」する

これは有名な方法ですよね。

貯めたいと思った金額を、月々の終わりではなく、

給料日の時点で貯金用の口座に入れる方法です。

私は貯金用の口座にクレジットカードの引き落としなどを設定していないので、

振り込んだお金には手がつかず貯まっていきます。

「月々の給料から残った分を貯金する」という考え方では、

手元のお金をつい使ってしまい、なかなかお金が貯まりませんよね。

「そもそも使えるお金を減らしておく」というのはオーソドックスですが、

とても有効だと思います。

②ご褒美はワンコイン

「それでもお金が足りなくなるんだよ!」という方は、お金の使い方を見直しましょう。

毎日働いている中で、ストレスが溜まったり、

ここぞ!という時を乗り切ったときは、「自分へのご褒美」をしたくなりますよね。

私はなります。笑

特に女性は、化粧品・洋服・アクセサリー・カバン・財布など、

服飾品を買っていませんか?

「自分へのご褒美」をやめた方がいいとは思いません。

化粧品などを買うと気分も上がりますし、私も買い物は大好きです^^

が、化粧品・洋服・アクセサリーなどは、

自分への「ご褒美」ではなく「投資」と考えています。

自分自身の気分を上げるために買うのではなく、

自分自身をより良く見せるために買うのです。

「ご褒美」ではなく「投資」ですので、

「アイシャドウはどれが自分に似合う色か」

「リップは自分に最も似合うものを選びたい」

と吟味する視点が身についてきます。

たとえば限定色が発売されたときに、

それが「可愛いから」買うのではなく、

「自分に似合うと思うから」買うのです。

どうしても買い物をしたい気分のときは、

ウインドウショッピングをするだけ、

化粧品ならタッチアップをするだけにして、

「その場で決めない」ことも有効です。

一度冷静に考えて、自分自身をより良く見せるために必要だと思ったなら、

その時に買えば良いのです。

自分自身のご機嫌をとりたいのであれば、スタバやタピオカ1杯で十分です。

甘いもので胃が満たされると、ご機嫌になれますから。

③現実を見て必要なものだけ買う

買い物をするときは、背伸びせず、

今の自分に今、必要だと思うものを買うようにしています。

たとえば洋服店で、素敵な洋服を見つけたけど、試着したら少しきつかった場合。

「もう少し痩せたら着られるから…」と思って買う方もいるかもしれません。

が、はっきりと言います。

貯金をしたいと考えているなら、夢や憧れで買い物をするべきではありません。

なぜなら、今の自分に似合わないものはそのうち着なくなるからです。

「こういうものを持っていたら素敵だろうな」

「いつか使いたくなるかもしれない」

という理由での買い物もおすすめしません。

なぜなら、今の自分に似合わないものは、

時間が経つにつれてどうして必要だったのか、理由がわからなくなっていくからです。

今の自分に今必要なものでなければ、それらは「タンスの肥やし」になっていきます。

私たちの目的は「タンスの肥やし」ではなく、貯金を増やすことです。

今の自分に似合うものが何なのかを見極め、

今の自分が今必要なものだけを買うようにすること。

それが無駄な支出を抑え、貯金を増やす近道になるでしょう。

まとめ

 

貯金体質になる3つの習慣を紹介しました。

お金の使い方や価値観は人それぞれなので、

どれか1つでも参考になるものがあれば幸いです。

他の記事では保険を使って増やしながら貯蓄する方法など、

さらに一歩踏み込んで紹介しています。ぜひご参照ください^^

20代必見!「増やしながら貯蓄する」方法とは?20代は学生から社会人になる人が多い時期ですよね。 自由になるお金が増えて、旅行や友人付き合い、洋服、遊びなど、支出も多いはず。 ...
子どもの教育費用は1000万円以上!保険を使って「増やす」貯蓄子どもの教育費用はおよそいくらくらいだと思いますか? 文理選択や、大学進学するかどうかによって、家庭ごとに差はありますが、 ...
【体験談】20代女子の失敗しない保険選び!「ほけんの窓口」に行ってみた 社会人になって数年経つと、仕事にも慣れてくる頃ですよね。 私も20代後半になり、 仕事も安定してきたので保険に入ろう...